意外と多いトラブル

葉っぱの上の雨

雨漏りというとかなり古い家で起こる現象というイメージがありますが、実際は意外と多くの家庭で起こっているトラブルです。
屋根の経年劣化で起こることも多いのですが、外壁の経年劣化であったり、強風で屋根材にヒビや剥がれが発生してしまったりすることも原因となります。
また、上からぽたぽたと落ちてくるほどではなくとも、壁にシミができてしまったりすることも雨漏りの症状です。
小さいシミだったりすると気が付きにくいのですが、壁や天井にシミが合った場合にはほぼ雨漏りが原因となることが多いです。シミくらいなら、と思い放置してしまう人もいますが、放っておくと家の構造自体がダメになってしまう可能性もあります。さらに、発生したカビによってアレルギーなどの発症につながってしまうことも考えられます。
したがって、シミなどを見つけた際には早急に業者に修理をイライする必要があるのです。

・スガモリ対策の屋根と断熱
建物の屋根形状で三角屋根の急こう配で落雪させることが一番ではありますが、落雪させるスペースがない住宅密集地では、M型屋根やフラット屋根の無落雪屋根があります。
M型屋根の場合、屋根にスノーダクトレーンと言う樋を設け、融雪水をそこで受け排水します。
こちらの場合、排水配管を住宅内に通さなければ排水の竪樋が凍結してしまい、屋根に水がたまることになるので設計時点での注意が必要です。
また、その屋根の樋を完全に露出させてしまうとそこから寒気が入りやはり凍結してしまいますので、雪を全部排除しないようにしましょう。
フラット屋根の無落雪については、水勾配程度の勾配で落雪させない考え方ですがこれは、小屋裏部分の換気を十二分に行うようにして、屋根面の温度を外気温と同じとして、雪を融かさない状態にする必要があります。
そうしないと、融雪水が軒先で結氷しスガモリの原因となります。
スガモリを起こした屋根は、夏に雨漏りを誘発してしまいます。
屋根全体の防水も一つの方法ですが、軒先の結氷防止にはなりません。
スガモリや雨漏りを起こすと天井や壁などの修理が必要となり費用がかさみます。
いずれにせよ、昨今では、建物自体を高断熱化し屋根の雪を融かさない方法が一番です。
こうすることにより軒先の結氷が起こらず、スガモリすることがなくなります。
また、高断熱化することにより厳寒期の建物内部の住環境が向上し一石二鳥の効果が得られます。

オススメリンク

専門会社から便利屋まで

住宅のトラブルにおいて、雨漏りはよく遭遇する厄介な問題の1つです。雨水が侵入していることに気づいた時…Read more
kosusoo-4

予算や耐性に合わせて

建物を新たに建てた時には必ず防水工事と呼ばれる、雨水などが外部から侵入しないように屋根や屋上などにコ…Read more

起きやすい場所を知っておこう

建物内に雨水が侵入してくる雨漏りは厄介なトラブルの1つです。放置しておいても決して直ることがなく、雨…Read more

関連リンク